薬剤師の人気求人先 - 各勤務先でのお仕事内容とは

薬剤師求人と勤務先│病院・薬局・ドラッグストアを比較

薬剤師になるためには薬学部を卒業して国家試験に合格しなければなりません。その後、就職をするのですが、近頃は薬剤師のニーズも幅広くなってきています。中でも就職先として多いベスト3が病院・薬局・ドラッグストアです。

ここでは薬剤師の勤務先であるこの3種類の違いについて解説しようと思います。1番目は病院薬剤師です。 病院薬剤師が勤務する可能性があるのは「外来」と「病棟」です。

外来に配属された場合は、窓口で患者様に薬を説明してお渡しする仕事がメインです。病棟に配属された場合は、入院患者様の病室へ行って薬の説明をしてお渡しします。注射薬のアンプルを作る作業も病棟薬剤師の担当になっている場合もあります。

薬や病状に関して医師とダイレクトに話ができることは病院薬剤師の特徴です。医師と対等に話ができるようになるには薬学知識だけでは不足しており医療知識も必要になります。それなりの勉強をしていなければ医師との話についていません。

2番目は調剤薬局勤務の薬剤師です。こちらの場合は病院薬剤師と違って、患者様が持参されて提出された処方箋を元に薬を調剤し説明してお渡しする仕事がメインになります。

もしも処方箋に疑問点があったり間違っているかもしれないと感じたり別の薬に変えてくれないかというような問合せ(疑義照会)を必要に応じて病院に連絡することがあります。そういった疑義照会をするのは、ほとんどないのです。直接医師と話をすることはないでしょう。

疑義照会をする場合でも病院の事務スタッフを経由してのやり取りになります。病院によっては医師に繋いでくれて電話で話ができる場合もあります。病院の薬局の場合はそこの病院だけの薬を処方すればいいですが、調剤薬局の場合はどこの病院の処方箋も受付しますから幅広い知識が必要です。

3番目はドラッグストアの薬剤師です。ドラッグストアは調剤薬局を併設している場合を除いて処方箋での薬は取り扱いをしていないのが基本です。メインはOTCと呼ばれる、お客様と対面して薬を販売したり、そのお店が取り扱っている雑貨や生活必需品などを販売する仕事になります。

病院薬剤師や調剤薬局の薬剤師は処方箋に記載されている薬剤を渡すことが主な仕事で、どちらかというと受け身です。しかしながらドラッグストアの場合は患者様の症状を伺いながら、その症状に応じた薬を提案して販売するという積極的なスタンスになります。

これは処方と捉えることはないですが、見方によれば医師と同じようなことまでしなければならないでしょう。しかしながら危険性が高い薬をドラッグストアで取り扱うことはないです。
薬剤師転職サイトを使って給与アップを目指す!

薬剤師はサービス業であるという意識が大切です

薬剤師の仕事はもくもくと仕事をして、ひたすら調剤をしているようなイメージを持っている人も多いでしょう。技術職である側面もありますが、それと同時に接客業であるという側面も持っています。ここでは、薬剤師はサービス業であるという意識が大切であるということをご理解いただければ幸いです。

まずは<技術職>という側面から薬剤師を捉えてみましょう。次々に患者様が病院から持ってこられる処方箋をテキパキこなさなければなりません。決して慌てることなく冷静に対処しながら処方箋をさばくテクニックが必要になります。

薬剤師の仕事で意識したいのは「かけ算がメインである」ことです。例えば「朝食後3錠服用する薬を7日分」とか「夕食後2錠服用する薬を21日分」とかです。電卓を叩きながら正確に作業をしなければなりません。

「そんな簡単なこと……」と思うかもしれませんが、これを1日何百枚もの処方箋に対応することもあるのです。かけ算に関しては絶対に間違ってはいけません。並大抵の集中力では対処できませんから相当な集中力が要求されます。

もしも間違えてしまったら「調剤過誤」になってしまうからです。かけ算を間違ってはいけない――常にそういったことを配慮しなければならないのが薬剤師の仕事です。それだけではなく薬学の知識を総動員して仕事をしなければなりません。

「副作用については問題ないか?」とか「この薬とこの薬は一緒に服用しても大丈夫か?」とかを瞬時の間に判断しなければなりません。国家試験に合格してからも勉強が必要で「薬についてきちんと学ぶ」といった向上心はもちろん必須です。それだけではなく頭の回転が良く、臨機応変に対処できる人でないと仕事はスムーズにこなせないでしょう。

次に<接客業>という側面です。患者様にはいろいろなタイプがいます。問診票を書いてもらうだけで文句を言う人もいるのです。

薬剤師は正確な仕事をするためにいろいろと患者様から聞き取りをしなければなりません。質問をしても「どうしてそういったことを話す必要があるの?」と逆ギレしてくる患者様もいます。こういった様々なタイプの患者様に対応してトラブルなくやりすごせる接客スキルも要求されます。

「うるさいお客様」を怒らせることなく配慮しながら、正確な聞き取りができる人が望まれます。無理せず自然にできる人が薬剤師に向いているでしょう。薬剤師は「接客業が好き」とか「お客様と話しをするのが好き」――こういった特徴を持っている人達が上手にやっていっています。

薬に関する知識や医療に関する知識は後からついてきます。新薬も日進月歩で開発されていますから知識はコツコツと身につけるしかありません。「薬剤師はサービス業である」ことを覚えておくといいでしょう。